レディースの長財布には何が入っているの?

収納力が豊富で、整理しやすい長財布は多くの人に選ばれています。とくにレディースの長財布では、デザイン性だけでなく、収納力や使い勝手の良い機能的なものが人気です。そのようなレディースの長財布ですが、みなさんどのようなものを入れているのでしょうか?もちろん人によって異なるものの、お財布の中にはお金はもちろんのこと、各種カード類、レシート、金券類、またお金には関係がない身分証明書の類など、挙げたらきりがないほどさまざまなものを入れている人が多く見られます。財布を毎日きちんと整理している人もたまにしか整理しない人も、自分の財布を見て、何が入っているのかを確認してみてください。もしかしたら、こんなものがというものまで入っているかもしれません。今回はレディースの長財布に入れられているお金以外の代表的なものを紹介します。

レディースの長財布の中にはカードがたくさん

お金以外で、財布の中に入っているもので一番多いのはカード類です。カードといっても、キャッシュカードやクレジットカード、ポイントカードなどさまざまですが、枚数に関していえば、ポイントカードがもっとも多いと言えるでしょう。今やどこのお店に行っても、「ポイントカードをお持ちですか」と尋ねられるようになりました。利用回数の多いお店、お気に入りのお店ではポイントカードでお得に買い物したいものです。レディースの長財布には収納ポケットがたくさんあるので、15枚以上持ち歩いているという人も少なくありません。ポイントカードに関連して、割引券やクーポンを財布にしまっている人もいます。財布に入れておけば使い忘れることもありません。この他、最近さまざまな場所で利用できる交通系のカードや電子マネー機能のあるカードなどを入れている人も多いです。

お金には関係ない、身近で使う大切なものも入っています

財布はいつも持ち歩くものなので、免許証を入れている人は多いです。これはレディースの長財布に限ったことではなく男性にも多いようです。中には鍵や絆創膏など身近で使うものを入れているケースもあります。とくに子どもがいる人にとって絆創膏はよく使うものなので、財布に入れておけばいつでも使えて便利ということでしょう。また、頻繁に使うものではないけれど、保険証やかかりつけの病院の診察券を入れている場合もあります。レディースの長財布の収納機能は抜群なので、わざわざカードケースを使う必要がないのです。必要なものをすべて財布に入れておけば、それだけ持って出かければいいので便利ですし、バッグの中で物が散らかることもありません。これ以外にもお守りや金運アップなどの開運グッズ、大好きな写真を入れて持ち歩いている人もいるようです。これはレディースの財布ならではといったところでしょうか。